次世代省エネ住宅

年間暖房費.jpg 

次世代省エネ住宅になると快適性能のあり方はどう変わるのでしょうか。
 よい住宅に求められる条件が夏涼しく、冬暖かいことであるならば、次世代省エネ基準では断熱気密化が飛躍的に向上しますので、どなたでも満足していただけることと思います。

「次世代省エネ基準」の特徴の1つは、全国を気候条件に応じて市町村ごとにI〜VIの地域に分けて基準値を示したことです。これまでの県ごとの地域分けに比べて、より気象条件に応じた住まいづくりがもとめられるようになりました。
また建物のすき間から逃げる熱を抑えるため、建物の気密性の基準が初めて全国的に導入されました。
その他夏の遮熱対策として、直射日光の進入を防ぐための基準値や、高断熱住宅を快適に過ごすために換気や暖冷房に関する注意事項が示されています。

 

住まいの断熱性能が悪かったり、窓・ドア・壁などに隙間等があったりすると、家の中の熱(冷気・暖気)が外へ逃げてしまい、外気の影響を受けやすくなってしまいます。
つまり、せっかく家の中で冷暖房をかけても効きが悪く、余分にエネルギーを消費してしまうことになってしまうのです。
そこで、断熱材を使って住まいをしっかりと断熱し、すき間のない住宅を作ることが求められています

 

LOW-Eガラス.jpgサッシ熱出入り.jpg損失.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金物工法.jpg