五感対応技術・・・感性の優れた子が育つ

住宅が ”量から質”の時代とうたわれてから久しくたちますが、最近は質だけでは満足してもらえないのが実情のようです。好きとか嫌いとか、味わいがあるとか、風合いがいいとか、感性に訴える住宅が求められています。つまり五感で感じる住宅が大事になっているのです。

 

 

 

 

 

 

空.jpg

 

 

                                                                          

                                                                    五感とは  見る、聞く、触れる、味わう、嗅ぐ  の五つの感性であり、人間はこの五感でさまざまなことを知ったり、判断して生活しています。このうち、視覚、聴覚は勉強のできる秀才型が十分な能力を持ち、ペーパーテストに強いと言われています。

                                                     

 

ところが、触覚、味覚、嗅覚の三感は机上の学問では磨けません。いかにたくさん触れ、食べ、いろんなにおいを知るという経験によって、はじめて発達させることができるのです。

 

花畑2.jpg                                                                

鋭い三感を身につけている人間が、これからの世の中では大いに重要視されると思います。その点からもこれからの住まいは、この三感をはじめとする五感にいかに訴え、感性を磨くのに役立つかを心がけることが必要になります。

 

 

 

 

                                     

     

 

 

 

五感にどう訴えるか 


                                               花畑.jpg      

 

 

視覚に訴える美しい家や緑

 

         花の美しい庭

 

自然の風や木々のざわめき

空2.jpg 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥の声など聴覚に訴える工夫、また、木材を使用することで木が発散する成分、フィトンチッドによっておいしい空気をつくり出す味覚温かくやさしく、安心できる触覚にも木は役立てることができます。